×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

かなり長い歴史がありますよね。
桜のアップ画像

花見の歴史について



日本人にとって、お花見は春の訪れを皆で楽しむ、大切なイベントです。

桜を見ながら、和菓子を食べたり、美味しい食事をしたり、桜の木の下でお酒を頂いたり、人それぞれのお花見の楽しみ方があります。

そもそもお花見は、いつ頃から始まったものなのでしょうか。

元々、お花見とは平安時代に貴族が楽しむものとして、親しまれていました。

そのため、ごく一部の人だけが、優雅にお花見に興じていたのです。

鎌倉時代に入り、お花見は武家に広がるようになりました。この時代まで、庶民がお花見をする機会はなかったのです。

実は、お花見が庶民に広まり始めたのは、江戸時代なのです。8代将軍吉宗が、お花見は大変素晴らしいものだということで、庶民にお花見を奨めるようになりました。

それ以来、お花見という風物詩が定着するようになりました。

しかも、お花見が広がり始めた江戸時代には、各地の桜の名所を纏めたガイドブック的な本が登場しました。

これと併せて、世に登場したのがソメイヨシノです。江戸時代の植木職人が品種改良して桜の品種です。

その花びらの美しさから、日本全国への桜へ接ぎ木・挿し木が行われ、あちこちへと植えられるようになりました。

その数は、全国にある桜の本数の8割にも上ると言われています。

私達一般人が、お花見を楽しめるようになったのは、意外と最近だというのを知っておくと、少し桜を見る目が変わるかもしれませんね。


LINK
蒼天の拳
スザンヌ きせかえ
リトルチャロ
ディズニー きせかえ
情報コーナー
アスパラの調理が面倒
本当はアルバイト募集をしている
スマートフォンはSkypeも使える
冷凍野菜を作って便利に
一人旅の良い点や悪い点
お化粧をしない女性
妊娠中不安がある時
きゅうりは料理に活躍
バイトの様々なタイミング
付箋を使ってスケジュール帳を
コミックをレンタル

(C)花見の歴史について
All rights reserved.